記事の詳細

皆さんは、人が亡くなった時にどのタイミングで、故人の銀行口座が凍結されるのか知っていますか。こちらでは、「相続がおきた時に銀行はいつとまるのか」という質問に対して、専門家の方がお答えしています。

結論から言うと、「銀行側が、口座名義の方が亡くなったと認識した時」に銀行口座が凍結するそうです。

人が亡くなった場合、役所に「死亡届」を出しますが、役所の死亡届と連動しているわけではないということです。多くの場合、相続人が銀行に行って正直に言ってしまうと、その段階で凍結されるみたいです。新聞の「お悔やみ欄」を見て凍結させる銀行もあるみたいですし、自宅や葬儀場でのお葬式の時の看板を見て凍結させるというような稀なケースもあるみたいです。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る