記事の詳細

年末に家の中を掃除しようと考えているなら、普段あまり掃除しないキッチンの汚れた部分を掃除しましょう。

換気扇やコンロは普段から掃除していないと油汚れや埃が溜まってしまいますから、ファンや五徳など外せる部分を取り外して、シンクに蓋をして浸け置き洗いを行いましょう。

ベトベトにこびり付いている汚れを手で落とすのはなかなか難しいですから、金属にも使える洗剤をお湯で溶かして汚れを浮かすのです。

浸け置きしている間は、お湯で溶かした洗剤に不要なタオルなどを浸して、キッチンの他の部分を拭き掃除しましょう。

浸け置きした後にはシンクの蓋を取って水を流し、取り除けなかった汚れがあるなら掃除用のブラシなどを活用して油汚れなどを綺麗に掃除してしまいましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る