記事の詳細

遺品整理をしていた時に負債が発覚した場合、通常ならば相続放棄をして対応する事が殆どです。
今回は死後数年経過した故人に負債が見つかった時にどうするのがベストなのかをご紹介致します。

実は数ヶ月、数年経ってから故人の負債が見つかるというケースは、遺品整理の中では結構起こり得る事態の一つです。
遺品整理作業をしている当時にその負債の存在を把握していれば相続放棄をしていたと思いますが、遺品整理が終わった後に督促状が届いて気付くという事が多いです。
相続放棄が認められるのは民法で3ヶ月と定められており、相続放棄をするのなら故人が亡くなられてから3ヶ月以内に手続きをしなければなりません。

遺品整理サービス・価格

多くの方が後から故人の負債の事実を知り、「もう3ヶ月経ってしまっているから・・・」と思い込んでしまい負債を背負ってしまいます。
しかし長年連絡を取っていなかった、遠い親族で状況を殆ど知らなかったというような、負債の存在を知らなくても仕方ないと考えられる場合には、故人が亡くなられて3ヶ月以上経っていても裁判所に申し立てることにより相続放棄が認められる可能性があります。
この場合には「負債を知らなかった」という強い証拠が必要ですので、司法書士や弁護士等に相談して対応してもらうといいでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る