記事の詳細

「片付け=その場ですぐ捨てること」に結びつけてしまう方が多いと思いますが、じっくりと本質を見極めた片付けをする為には、捨てずに分類して置いておくという事が非常に重要な意味を持ちます。

段ボール箱をそれぞれ「毎日」「2週間に1度」「半年」「その他」と使う頻度に合わせて分けたら、片付けたい場所の中身を全て取り出し、それぞれ用意した段ボール箱に分類して入れてください。
毎日使うものに関しては、元の場所に綺麗に戻し、2週間に1度使うものについてはチャック付きのポリ袋にいれ、袋に日付と中身のメモを書いて段ボールに入れます。
毎日使うもの以外の段ボールに全て同じようにものを仕舞ったら、これらは普段から目の付く場所に置いておくようにしましょう。

そして定期的に段ボールの中を確認し、1年程度使っていないものがあったらそれは処分するようにして、時間をかけて判断していきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る